2017年8月31日木曜日

片付けも大事!秋野菜に備えて《小野路農園クラブ》



8/13(日)の小野路農園クラブでは、夏野菜の片付けをしました。




生い茂ったナスを抜こうと奮闘中!




 ついている実を無駄にしないよう、もれなく採ります



抜いた枝葉を短く切ってから片付け。手にマメができるくらいたくさん切りました
 

畑に引いた境界線もマルチも取り払ってたがやします


たくさん実をつけてくれた夏野菜に感謝しながら、大人も子どもも総出でお片付け。
9月に植え付ける秋野菜のために、みんなでがんばりました!





2017年8月24日木曜日

生きもの調査&バーベキュー!《小野路農園クラブ》


ファンお待ちかねの生きもの調査を、今年も7/30(日)に行いました!



お天気はちょっと残念だったものの、網を手にした親子+留学生の皆さんが奈良ばい谷戸を歩き、自然を楽しみました。





お腹がすいたところでバーベキュー!
焼きそばやピザも並ぶ盛りだくさんのお昼ごはんを皆で食べました。夏休みの自由研究はこれでカンペキ!?
ご参加いただいた皆さん、お疲れさまでした。

 
ピザ窯で美味しくピザが焼けました!
 

2017年8月22日火曜日

町田NEWファーマーズの販売会に出店しました


7/31(月)に開催された「町田NEWファーマーズ 農産物販売会」
たがやすも、手塩にかけた野菜を市役所前のブースで販売しました。

 




「町田NEWファーマーズ」とは?
農地はないが農業に参入したい方に、農地を所有しているが「もう耕せない」方の農地を、市があっせんすることで就農した方々です。
明確なコンセプトを持って農業経営をしている方が多いのが特徴とのこと。

町田市があっせんできる農地は丘陵地に集中しています。
傾斜地で大変な覚悟とエネルギーを持って土づくりから始め、新規就農者だからこそのこだわりと手間をかけて実った野菜です。(当日のPRパネルより)





たがやすメンバーも援農活動を市民に知ってもらおうと、来店されたお客様と楽しくコミュニケーション、自慢の野菜を販売しました。
おかげさまで、たがやすは完売!お買い上げありがとうございました。




ご協力いただいた皆様お疲れさまでした!
たがやすでは、毎週火曜日午前中に事務所前で新鮮野菜の直売を行っています。
お近くへ来られる機会がありましたら、ぜひお立ち寄りください。

 

2017年8月3日木曜日

ゼルビアいもづるの会が夏野菜収穫・秘密基地作りをしました



町田市を拠点とするサッカークラブ・FC町田ゼルビア。
J2で5連勝はできなかったものの、強豪クラブに挑む姿勢が胸をあつくさせてくれますね。

そのゼルビアがたがやすとコラボして、親子向けに行っている農業体験「ゼルビアいもづるの会」をご存知ですか?
7/17(月・祝)に小野路農園クラブで今年度第4回めの活動が行われました。




前日のホームゲームでゼルビアは水戸ホーリーホックに2-0と勝利。
ファン・サポーターのご家族はその喜びで元気いっぱい。暑くても意欲的に収穫に臨みました。

この日の活動は、夏野菜の収穫。
そして秘密基地作り、デイキャンプ、バーベキューと盛りだくさん。
 


赤い帽子のたがやすスタッフからミニトマトの採り方を習います


これ採ってもいいかな?相談中
 
 
良さそうなナスを見極めて…
 
保護者の皆さんはバーベキュー講習でスタッフからノウハウを学び、お子さんにかっこいいバーベキューの仕切り方を披露できたことでしょう。
これからも楽しくアウトドアしてみてくださいね。
 
 
秘密基地の中でワイワイ
 
次回いもづるの会は8/20(日)を予定しています。
お申し込みはいもづるの会までお早めに。
 

2017年8月2日水曜日

新鮮野菜の宅配・直売所もやってます!



火曜日は地元産新鮮野菜の宅配・直売の日

《たがやす人を訪ねて①その参》



毎週火曜日の朝、木曽東の事務所にたくさんの野菜が集結します。
たがやすの野菜を信頼して宅配を取って下さるお宅へ野菜を届ける日。
Aコース、Bコースと、隔週で配達ルートが変わります。
 
 
念入りに配達ルートなどを確認する山本さんと横山さん
 
 

配送スタッフの横山()さんは早朝、軽トラックで市内4~5軒の農家を回って野菜を集め、
一旦事務所へ運びこみます。
届いた野菜は斉藤事務局長、山本さん、川島()さんが手早く仕分け。
 
 
 
 
配達前の横山さん
 
生活クラブデポー、風・タピオラ、杜舞人(トマト)へも届けるため、配達内容や順路、領収書、おつりなどを確認。
あらかじめ野菜の配分は決めてあるものの、当日になって変更や中止になることも多いので、いつも斉藤さんは高速で電卓をたたき、集まった野菜の配分をてきぱきと指示します。

 
 
スナック跡の1階を活用。計量はカウンター、電卓はボックス席で
 

新鮮なうちに届けるため、また品物と引き換えに代金を受け取るシステムのため、迅速な準備で配達に出発することが肝なのです。
 
準備ができ次第、横山さんと山本さん、そして斉藤さんも出発。
 
宅配で最も気を付けるのは「野菜の種類をできるだけ多く、同じものが続かないよう、また分量と新鮮さにも気を配って、皆さんの食卓が豊かになるように」と斉藤さん。
 

 同時に事務所内で直売所もオープン。
野菜直売の“のぼり”を目印に、暑い日も寒い日も川島さんがひとりで切り盛り。
優しい笑顔が少しずつたがやす野菜のファンを増やしています。




お客さんからの注文に笑顔で応じる川島さん


事務所1階の直売所は火曜日午前中オープンです。お立ち寄りください


 

2017年7月27日木曜日

ツタンカーメンの豆 お味は?



以前ご紹介したツタンカーメン豆、覚えていますか?
エジプトのツタンカーメンの墓から出土した副葬品の豆の子孫といわれている、小野路農園クラブで育てたユニーク豆です。

その豆を使って豆ごはんを焚いたスタッフから、味の感想を聞きました。


おさらいすると、さやはなんと紫色!
・・・中身は意外と普通のグリーンピースです。



左が炊いた直後ですが、普通の豆ごはんに見えます・・・
しかし、保温して数時間経つと・・・?
右のようにお赤飯みたいに赤みを帯びてくるのでしたね。

「味はグリーンピースとさほど変わらなかったですが、美味しかったです!」

町田では、この豆を育てている小学校もあるそうです。皆さんも機会があれば料理してみてくださいね!某料理レシピサイトで検索すると、ツタンカーメン豆を使ったあんこ、かき揚げ、サラダも載っていましたよ。

2017年7月25日火曜日

売り物にはなりませんが・・・

こんな大根が採れました(^ ^)

畑に石などの障害物が多いと、こんな大根ができてしまうんです。
なんとなく、ソファでくつろいでいる人のように見えてきますね・・・